手づくりのこだわり

社長 辻 敏雄

「京の手焼きだし巻」これは京都府産の鶏卵に限定し、職人の手焼きによるだし巻です。

弊社は養鶏業からだし巻等の加工食品製造業に転じて約50年になります。養鶏業で培った卵を見極める目で使用する鶏卵を吟味し、京都人としての味覚を頼りに「京の味」にこだわって日々努力を重ねて参りました。だし巻は本来、だしをたっぷり打って焼きたてをいただくのが一番美味しいのです。時間が経つとだしが流れ出して風味が損なわれてしまいます。そこで弊社ではだしを留める(閉じ込める)ことに注力し、時間が経過しても美味しく召上がっていただける商品を提供することをモットーとしております。

製造機械につきましても自社オリジナルの機械を製作し、手づくりに近い商品を製造出来るよう工夫を凝らしております。小規模な会社ではありますが、それゆえに目の行き届いた真面目な商品作りを続けて、1つ1つの手焼きから機械製造品までお客様やお取引業者様のご要望にきめ細かくお応えできる体制で臨んでおります。

京ブランド食品に認定頂いております「京の手焼きだし巻」これは京都府産の鶏卵に限定し、職人の手焼きによるだし巻です。「京ブランドの名に恥じない商品を」と、1つ1つ心を込めて製造いたしております。